3月
06
2013

[新聞記事] PM2.5 県、全国初の大気環境情報メール配信 – 熊本日日新聞

[新聞記事] 熊本県は5日午前、微粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度の1日平均値が「健康な人でも影響がでる可能性がある水準」を超えると予想されるとして、県ホームページなどで不要不急の外出や屋外での激しい運動を控えるよう注意喚起した。PM2.5で国が注意喚起のために定めた暫定指針値に基づく全国で初めてのケース。

大気環境情報はこちら ⇒ 「大気環境情報メール

 

6月
26
2012

[新聞記事] 子供の安全確保迅速に 保護者に緊急メール – 西日本新聞

[新聞記事] 福岡市教委は25日、児童や生徒の保護者に直接、事件発生や不審者情報などをメール配信する取り組みを始めた。 学校を経由するよりも早く情報を届け、子どもたちの安全を確保する狙い。市教委は「教諭の勤務時間外なども、保護者に確実に情報を伝えられる」と活用を呼び掛ける。全国でもめずらしい取り組みになるという。

 ※教育委員会向け導入事例はこちら ⇒ 「導入事例

 

7月
02
2011

[新聞記事] お年寄り 地域で守って – 熊本日日新聞

[新聞記事] 不明情報や注意喚起 県警がメール配信
お年寄りの行方不明情報などをメールで配信する県警の「シルバー見守りネット」の運用が1日、始まった。徘徊者の早期発見や、事件・事故防止につなげる狙い。

2 / 512345